夫婦仲を改善する画期的な方法

インデックス

夫婦仲を改善する画期的な方法

近年、日本の離婚率は上昇傾向にあり、一昔前は1割に満たなかった離婚率が、現在では3割を超えるようになりました。依然として20代の若い夫婦の離婚率が高いですが、60代以上の熟年離婚も増えてきています。これは「年金分割制度」によって女性も離婚をしても年金の心配をする必要が無くなったということが大きな要因とされています。いずれにせよ、永遠の誓いのはずの結婚生活が環境や状況の変化によって簡単に離婚できるようになってきているのが現状のようです。それではなぜ夫婦仲は悪くなってしまうのか、そして関係は改善できないのかということを中心に考察していきましょう。

1.夫婦仲はなぜ悪くなる?
なぜ仲が悪くなるかというと、一つは価値観の違いがあるでしょう。お互いに育った環境は違います。旦那さんの家庭はお母さんが専業主婦の家庭で、奥さんの家庭は共働きの家庭だった場合、「奥さんが働きに出る」ということに関して大きな価値観の違いが生じてしまいます。この場合だと旦那さんは男性の育児参加に消極的であっても仕方がないかもしれません。奥さんとしてはもっと家庭に協力的であって欲しいと願っても、旦那さんにとって育児参加は理解不能であることもありうるのです。あるいは電気をつけたまま寝る、歯磨きをリビングでする等の、とても些細な価値観の違いも、毎日同じ事をされると耐え難くなってしまう場合もあります。特に出産後の女性はホルモンのバランスが崩れて感情的になりがちなので、旦那さんに対してキレやすくなってしまう事が多いのです。

2.スグに改善する方法
スグに関係を改善さえるための方法はお互いの価値観の違いを受け入れることです。どうしても旦那さんの行動が受け入れがたい場合は「気をつけて欲しい」くらいの表現で伝えて、厳しく非難したりしないようにしましょう。相手も自分に対して不満を持っていても口に出していないかもしれません。お互いに価値観の違いを認め合うように努力してみましょう。決して旦那さんに自分の価値観を押し付けないようにするだけでも夫婦仲はスグに良い方向に進んでいきます。それから感情のコントロールができない時は素直に旦那さんに自分の体調などを話してみましょう。もし奥さんの体調を気遣って、旦那さんが手伝ってくれたり、優しい言葉をかけてくれたりしたら、感謝の気持ちを表すようにしましょう。たとえその行為が完璧ではなかったとしても、旦那さんがしてくれたという事柄に対して「ありがとう」を伝えるようにしましょう。まずお互いがお互いの存在を認め合うだけで、夫婦の間にできた溝は改善していくはずです。

3.夫婦仲を悪化させない方法
夫婦の仲を悪化させないためには普段からコミュニケーションをとっておく事が大切です。別に恋人として付き合っていた頃のようにベタベタする必要はなく、毎日「おはよう」や「おやすみ」など挨拶を忘れずにする事を心がけるだけでも全然印象が違います。また許されるのであれば、子供を両親やベビーシッターさんに預けて二人だけで旅行する事もオススメします。お互いいがみ合ってしまうのは日頃のストレスが溜まっているからなのかもしれません。時には一緒に旅行をして環境を変えて、日常生活から離れる事も良い夫婦関係を続けるためには必要でしょう。

4.改善できない場合は…
どれだけお互い努力しても夫婦仲が修復しない事はあります。もしお子さんがいる場合は、お子さんにとって大きな精神的なストレスになってしまう事が多く、お子さんが不登校になったり、うつ病を発症したりするケースもあります。そうなる前に第三者に相談してみましょう。もしDVなど深刻な被害を受けている場合は市町村の相談窓口や離婚カウンセラー、弁護士などに相談してみましょう。

5.離婚するという勇気
どうしても修復が不可能であると判断した場合は離婚に踏み切っても良いでしょう。よくよく考え、夫婦の関係が改善するように努力したにもかかわらず、一向に関係が修復しなかった場合は、離婚に関して一歩踏み出していく方がこれからのお互いの長い人生において有意義な選択となるからです。お子さんがいる場合は親権や養育費などの問題がありますから、弁護士などの専門家に早めに相談をして感情的にならず淡々と進めていきましょう。夫婦でいる間は色々なことがあったかもしれませんが、憎しみを捨てて対応していく方が早く問題を収束に向かわせるのでおすすめです。

6.離婚をしないようにするには不断の努力が大切
最近は離婚に対してハードルが低くなってしまった分、スグに離婚してしまうカップルが少なくありません。しかしせっかく縁があって結婚したわけですから、多少の不一致はお互いに目をつむるべきでしょう。最近はFuFuやPairyなど二人の関係を良好に保つようなアプリを利用してみるのもオススメです。関係がうまくいっているご夫婦を参考にして、できるだけ良い夫婦関係を続けられるように普段の努力を忘れないようにしましょう。